本文までスキップする
  • ニュース

【10月19日開催 オンライン講座】
アプリのサービスデザインを実践形式で学ぶ 1Day ワークショップ

10月開催予定の「デザイン思考」でサービスを考えるワークショップについてご案内いたします。

サービスデザインとは”愛されるサービスを作り、広めるための活動”といえます。

良いものを作れば売れた製品主体の時代は終わり、体験(UX)を通してユーザーと持続的で発展的な関係性をつくるサービス主体の時代へと変化しています。この持続的で発展的な関係性 = 愛されるサービスを作るために、「デザイン思考」を応用したのがサービスデザインの方法論なのです。本講座ではサービス検討のプロセスを実践形式で体験するワークショップとなっております。

人間中心、共創性、連続性などサービスデザインの重要な原則を学びながら、現状分析からアプリサービスの具体化までの一連のプロセスを体験いただくワークとなります。当ワークショップにおいて、みなさまには事業提供者の立場で参加いただき、実際のプロジェクトを模した形で進行します。事前に用意したペルソナやシナリオを元にユーザーの課題を抽出。課題解決のためのアイディアを探り、どのようにアプリサービスに落とし込むかまでを実践いただきます。

フェンリルの実績豊富なUXデザイナーがフォローしながら進行するため、ワークショップに不慣れな方でも安心してご参加ください。

1日という短期間で、サービスデザイン/UXデザインの実践方法を体験できるので、貴社のサービスに「デザイン思考」を組み込むきっかけとなれば幸いです。

ユーザーの体験価値を向上させたいとお考えのアプリやウェブなどのサービスをご担当の皆様、ぜひお気軽にお申し込みください。

 

ワークショップ概要

対象
  • アプリやウェブのサービス事業者
  • サービスデザインに興味お持ちの方
参加条件

原則1社につき1名のみの参加。同業他社、および個人の方のご参加はお断りさせて頂く場合がございます。

開催日時

2021年10月19日(

13:00-17:00

定員人数

先着 12人(4人3チームに分かれて実施)

参加費

無料

受講環境

当講座はGoogle meetとMiro(オンラインホワイトボード)を利用したオンラインセミナーとなります。 Google meetはGoogle Chromeからの利用を推奨いたします。

受講にあたりまして、以下の環境を当日までにご用意いただければ幸いです。

主催

フェンリル株式会社

タイムテーブル

13:00

13:45

サービスデザインの思想と方法

13:45

15:00

環境の整理と課題の抽出

15:00

16:45

アイディア発散と決定、具体化

16:45

17:00

ラップアップ

講師プロフィール

プランナー

柴田 翼

前職は広告代理店で海外向けの販促プランニングなどを経験。
2015年にフェンリル株式会社に入社し、ロジカルな思考とUXの視点に基づくサービス戦略・企画を担当。
ナショナルクライアントのスマホアプリやWebサービスのプランニングやディレクション、自社サービスの販促戦略などに携わる。

ディレクター

福島 菜穂

2009年にフェンリル株式会社のUI デザイナーとして入社。自社プロダクトである Sleipnir for Windows や Android の UI デザインを担当。2013年より共同開発事業部にて、アプリ、Webのディレクションを担当。

プランナー

松村 聡

前職はデジタル系の制作会社で、サービスや製品、技術モックの企画や体験設計を経験。
2020年にフェンリル株式会社に入社し、スマホアプリやWebサービスの企画やコンセプト設計を担当。
プロジェクト進行における議論や情報の整理、企画を進めるためのワークショップ設計やファシリテートなどに携わる。

2021年10月8日(金) 応募締切 となります。お気軽にお申し込みください。

個人情報の取り扱いについてご同意の上、送信してください。

このサイトはreCaptchaによって保護されており、
Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。